読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

十年後の今日の日も

関ジャニ∞がだいすきな人がツラツラ書きます

モアナと伝説の海 を観に行っていないのに主題歌を聴き込んだ結果

モアナと伝説の海 


これ予告をチラッと見たときはあんまり好みのやつじゃないな〜と思ったんです

まあでもびっくりするくらい他人に影響されやすいのでフォロワーさんのめっちゃ面白かった😭💕という感想きくだけで観たくなりました

でMステで沖縄の子とカトミリが主題歌を歌ってたの聴いてすごい耳に残るメロディで口ずさんだりしてて

まあでも何回も聴くほどではなかったし録画もすぐ消したし 


ただフォロワーさんのめっちゃ面白かった😭💕っていうのだけで観たい気持ちには火がついていたわけで


吹き替えでみるか字幕でみるか迷いまくってどっちがオススメか調べたりしてたら綺麗な映像を楽しむべき、字幕では伝わりきらないニュアンスがあるってあったからみんな吹き替えのがオススメしててでもやっぱどれだけ画が綺麗でも歌が微妙だったらテンション下がるな〜っていうところがあってなんとか字幕でみたいとおもって

じゃあ主題歌だけでも和訳を完璧に掴んでおきたい!と思ったのがこのブログを書くに至った経緯です




オリジナルの和訳サイト何個かみて公式の日本語歌詞と照らし合わせてしっくりくる和訳を載せました


やっぱり洋楽って意味がわかるのとわからないのとでは入り方がぜんっぜん違うなっておもいました

何歌ってるかわからずメロディと声色だけで聴くにはもったいなすぎる曲だった!!!



てわけでまだ映画本編もネタバレもみてない人が予告映像からみた情報とMステでの記憶を元に 主題歌 how far I'll go / アウリィ カルバーリョ を聴いて考察が止まらなくなったので記事にしまーーーっす押忍






I've been staring at the edge of the water

Long as I can remember
Never really knowing why

(打ち寄せる波をずっと一人見つめてた 何も知らずに)

打ち寄せる波をひとりで見つめてた 

気づくまでずっと

理由もわからずに


⇨『ひとり=孤独だった』わけではない。寂しいからとか癒されるからとかいう理由もなく、ただ気づいたらここで波を見つめていた。波の打ち寄せる音。

『寂しかった 私はひとりで孤独だった 不安だった 海だけが受け入れてくれたのよ』 のではなく

『気が付いたらひとりでずっと海辺に立っていた』という事実 と『私にも理由がわからないんだ…』という感情だけ。『…』の情緒だけで歌っている。

わからないというと不安に繋がりやすいから何も知らずに という和訳になったのかも?


I wish I could be the perfect daughter
But I come back to the water
No matter how hard I try

(そうよ 期待に応えたい でも気づけばいつも 海に来てるの)


完璧な娘になれたらどんなにいいだろう

けど海に戻って来てしまう

どんなに頑張っても


⇨ここで初めて(こうなりたい)という感情が出てくる 。wish I could be はそんな自身の感情が溢れ出ている歌い方。感情と行動が伴わない葛藤、ジレンマ、意識的ないい娘への憧れとそのための努力もしているのに、戻ってきてしまうから悔しい。hard I try はそんな悔しさや悲しみ、諦めと、戻ってきてしまう理由もわからないことに対する歯痒さが感じられる。But I came back water が一番最初の理由もわからずにひとりで波を見つめてたってところとおんなじ『…』の情緒で歌っている。波の打ち寄せる音とは対照的な音で波がいったん引く。

ここの①期待に応えるんだ!!っていう強い願望と②そんな心とは反対に理由もわからずに戻ってきてしまう…っていう困惑と③こんなに努力してるのにっていう歯痒さ の三部構成が凄すぎてここだけで感情爆発しそうになる

波が引いたところでお互い離れていくイメージ


Every turn I take, every trail I track
Every path I make, every road leads back
To the place I know where I cannot go
Where I long to be

(どの道を進んでもたどり着くとこは同じ   許されないの   憧れの遠い海)


曲がり角を曲がっても、船の跡を辿っても、

どんな小道を進んでも、全ての道が私を導くの

そこは行ってはいけない場所よ… 憧れの遠い海


⇨波が引いて一呼吸置いて入るところ、体を海と逆方向に向ける間にぴったり。そこから噛みしめるように歌う。ほんとうに道を進んでいく感じ。そうして海からできるだけ遠い場所へ…少しずつ早く。しかし行き着くのは海。そこが許されない場所だと知っているから言うことをきかない体に言い聞かせるように cannot go を強く歌うが、同時に海が自身の最も望む場所であるということも認識する。ここで初めて海に対する自分でもわからなかった感情がはっきりと『憧れ』であると知る。long to be はそれまでの困惑や不安な歌い方とは違い、モアナの強い強い意志を感じる。さっきまで震えていた声が全く震えていない。そうして遠くの海を見据えると、波がふたたびモアナを呼ぶように押し寄せてきていた

 

See the line where the sky meets the sea?
It calls me
And no one knows
How far it goes

(空と海が出会うところは どれほど遠いの)


空と海が出会うところがみえる?

そこが私を呼んでいるの

だれもわからないわ

それがどこまで続いているのかなんて


水平線の向こうまで伸びるような歌声 誰かに聞いてほしくて 見える?って聞いてるのかなって思ったけど聞いてほしいというよりはテンション上がってクエスチョンマークついちゃった的なイングリッシュ特有のあれな感じかな。だって見える?って聞いておいてだれにもわからないって言っちゃってるから日本語でいう見えるだろうか、いや見えるはずがないっていう反語みたいなことかなって。で、さっきは海と逆方向に歩いてきてlong to be で海の方振り返って、ここではふたたび海に向かう決意を固めるシーンに思える。だからまだ足は進んでない。もう何も怖くない!というよりは不安だけど怖さも感じられるし勇気を振り絞るような声にも聞こえる。勇気を出すのってすごいパワーいるし、この部分で不安もある中で気持ちに火をつけたんだなっていうのがよくわかる。そこまでの勇気を出せたのもルールや常識で決めつけられていない未知な海があったからだったとおもう そこから自分を呼ぶ声がしたら 勇気出るでしょ!飛び立つための助走って感じのドラムの軽やかな音


If the wind in my sail on the sea stays behind me
One day I'll know
If I go there's just no telling how far I'll go

(追い風受け 漕ぎ出せば きっと  わかるの どこまで遠く行けるのかな)


風が私の船に吹き続けたなら

わかるときがくるでしょう

私がどれほど遠くに行くかなんて誰にもわからないわ

⇨空はめっちゃ快晴で海はめっちゃ青くて追い風しか吹いてなくてもういつでも出発できる状況であとは勇気を出すだけって感じ、って最初は思ったけどまだこれは願望の段階かな。まだ不安の方が大きくて追い風も吹いてないけど言い聞かせいたら向かい風がちょっとずつ変わってきたっていう状況な感じかな。


I know everybody on this island seems so happy, on this island
Everything is by design
I know everybody on this island has a role, on this island
So maybe I can roll with mine

(そうね みんなとっても 幸せそうだわ それはわかるの

そうよ 自分の居場所が あるのって本当 素敵なことよね)

わかってる この島の人々はみんなとても幸せそうだわ 

それはみんながそう願うからよね

わかってる、この島の人々にはみんな役割があること

だから私には私の果たすべき役割があるはずなの


⇨ 島の人々とモアナの関係性のところだからまあ映画見ないとなんとも言えないけど、周りの人のことこんな風に見れるモアナすげえなっておもう尊敬する 某アナ雪みたいに自分の殻に閉じこもった主人公の歌だったらこんな歌詞出てこないだろうからモアナってめっちゃ大人なんだろうなっておもう…あーはやく映画見たい笑 この歌詞もっと噛み砕きたい笑 想像だけど自分の居場所があるのって本当素敵なことよねっていう訳ってことはモアナ的には自分の居場所はここじゃないって感じてるっていうことかな でもそういう否定的な面をみせてないところがこの映画のそしてモアナの魅力なのかな?っておもう 『私の居場所はここじゃない』じゃなくて 『自分の居場所があるのって本当素敵なことよね 』っていう。モアナのまっすぐなところが感じられる



I can lead with pride, I can make us strong
I'll be satisfied if I play along
But the voice inside sings a different song
What is wrong with me?

(この道を進んでく 望まれることは同じ でも心に響くのは 違う歌)


誇りを持ってみんなを導ける、私だってみんなを強くできるわ

みんなと共に頑張れば私はきっと満たされる

なのに私の心の声は違う歌を歌ってるの


⇨I can 〜で並べてくのかっちょいい。さっきのevery〜の並びは森の中にズンズン入っていくみたいな感じだったのに、こんどは森をかき分けて海に出るみたいな感じ。どんどん盛り上がってくる。追い風がどんどん吹いてきてそれにつられて走り出したら、いままでの不安、困惑、葛藤、歯痒さ、とかの感情が体の中をぐるぐるぐるぐるし出して、叫びたくなって、からのwhat is wrong with me?は直訳で『私どうしちゃったの?』とか『私は何か間違ってるの?』って意味になるけどそういうモヤモヤをひとつにまとめてドーーンてでっかいパワーに変えるみたいなサビ前の畳み掛け方が最っっっ高!『心に響くのは違う歌』っていう訳も最っっ高!頭で考えるより心が感じるままで生きてるというか、ひとのために生きていて自分のエゴがまったくなくて、つくづくようできた子や、、、、、。



See the light as it shines on the sea?
It's blinding
But no one knows
How deep it goes

(光り輝く海が 私を呼んでる おいでよと)

海にきらめく光が見える?

目がくらむほどまぶしいわ

それがどれほど深いなんてこと

誰も知らないけど


⇨きました大サビ〜!もう空はめっちゃ晴れてるし海はめっちゃ青いし追い風しか吹いてないし自然を味方につけるモアナまじカッコイイ もはや自然を操っている?神?野生であることは間違いないな〜 人間のエゴを取り除いたらヒトは野生に還れるのか、、、なんかもののけ姫みてる気分なってきた、、、、そうかモアナってディズニープリンセスじゃなくてもののけ姫やったんやな、、そらカッコイイわ、、もうね安易に希望とかの言葉じゃ表せないよね 希望なんてエゴだらけの人間が作った言葉やん ここでのモアナには海しか見えてない 水平線の向こうしか見えてない テーマが壮大すぎるところが最高 how deep it goes 広くて深いとにかく大きい海に負けない、まさに海を愛し海に愛された歌声。



And it seems like it's calling out to me
So come find me
And let me know
What's beyond that line, will I cross that line?

(早く見つけて欲しいと  呼んでる 教えてよ そこには何が待ってるの)


なんだか私を呼んでいる気がするの

私を見つけにきてよ

そして教えて 

あの水平線の向こう側にはなにが待ってる?

私は超えていける?


⇨めっちゃ呼ばれてるしもう行きたくて仕方がない感じ。なんなら船漕ぎ出してる。そして私を見つけろと言っている。ここもね、反抗期の中2的な自分探し的な感じじゃないところがカッコ良い。『はやく見つけて欲しいと呼んでる』っていうのは自分をここじゃないどこかに連れ去って欲しいっていう否定的なのじゃなくて、海が呼んでるから!もう気になってしょうがないから!はやく教えて欲しいから!will I cross the line?がちょう好き。



see the line where the sky meets the sea?

It calls me
And no one knows
How far it goes

(空と海が出会う ところは どれほど 遠いの)


空と海が出会うところがみえる?

そこが私を呼んでいるの

だれもわからないわ

それがどこまで続いているのかなんて



If the wind in my sail on the sea stays behind me
One day I'll know
How far I'll go

(追い風受け こぎ出してきっと 私は行くのよ)

風が私の船に吹き続けたなら

いつかわかるときがくるでしょう

どれほど遠くに行けるか


 

⇨漕ぎ出せばきっと から 漕ぎ出してきっと ななってる!やっぱりもう船漕ぎ出してた!演奏と歌だけでそれが感じられる完成度の高さよ!曲の奥行きが半端ないな…この最後のサビどんな顔して歌うのか楽しみだな〜!!!!!!表情見逃さないようにしたい!!!!



曲噛み締めたいけど映画館に一時停止ボタンはないので映画見るまでにこれらのことを頭に叩き込んで行こうと思います。

映画見終わってから聴くのもまた格別だろうなぁ〜この感想がどんな風に変わるのかも楽しみだす!!!!!!!!!!!!興奮